チェンクロ:年代記の塔 第3階層の攻略。

スポンサーリンク

チェンクロの年代記の塔 第3階層の攻略。1戦目、2戦目のゴーレムやドールにはダウンが有効なので、深淵の渦で入手可能な「クニアリ」や「ゼファル」の技があると楽。ゴーレムの攻撃は比較的よけ易く、慣れれば2体程度なら足止め可能。ドールはボスとしても登場する大型のものが厄介で、複数体現れるためそれなりの殲滅力がないとダウンをとっても押し切られてしまう。

3戦目は月によって違うが、炎弱点、氷弱点、弱点無しの3パターンある。弱点がある場合は、ロロVer2やエールイなどの味方全体の攻撃属性を変える技があると難易度を大幅に下げられる。特に氷弱点の回が難しく、地形を炎の大地に変える敵が出現し敵側がバフの恩恵を受け異常な攻撃力を得る。対象の敵を即座に倒すか、地形変化技を持っていくかの対策も必要。

スポンサーリンク

1戦目 ゴーレム

遠距離攻撃で倒せとの注釈があるが、出現する敵に遠距離タイプもいないためガチガチの戦士近接パーティーでも構わない。その場合、黒ゴーレムの攻撃によるダウンにだけ注意。攻撃対象となっているキャラを手動回避させていれば他のキャラで叩ける。

敵のゴーレムにもダウンが有効なため、ゼファルかゼファル伝授のキャラがいると良いだろうと思う。クニアリの技であればダウン+スロウも入るのでかなり相性はいい。以下、参考にさせてもらった動画。

2戦目 ドール、パピヨン、自爆ゴブリン

ドールとパピヨンが毒、スロウ、暗闇をバラまいてくる。そこへ自爆ゴブリン兵が現れ事故りやすい。近づくと状態異常にされるので、遠距離パーティーで挑んだ方が道中は楽。ただし、最終ウェーブで大型のドールが4体出現するため、大火力系の技も用意するか、クニアリかクニアリ伝授のトビアスがいると遅延が容易になる。

近接パーティーで行く場合、絆アビなどでスロウだけは対策すると良い。敵を貯めてから範囲攻撃で倒すとマナの効率が良く、特にレジェンドテレサを借りてくとボス戦にも強くおすすめ出来る。近距離、遠距離どちらのパーティーにせよ自爆兵の処理に困ったら、こちらから近づいて爆発を誘発させると良い。以下、参考にさせてもらった動画。

3戦目 炎or氷弱点、弱点無し

弱点属性を付くと難易度を大幅に下げれるため、結束を無視してでも対策したい。弱点無しの回は、状態異常攻撃がすべて無効にされるため純粋な殴り合いになる。そのため、深淵の渦キャラであるバグリスによる無敵技が有効な戦略となる。

炎弱点 スノーマン

比較的楽な部類だが弱点をつかないと厳しい。救いとしては味方全体に炎属性を付与する技を、星3キャラのトトが所持してるという点。他だとレジェンドのロロぐらいしか所持していない。又、通常攻撃が炎属性であるキャラでまとめる方法もある。対象のキャラは多いのでWIKIの戦闘系アビリティで確認してもらうと良い。いずれの対策もとれない場合は、状態異常が有効なのでゼファルやクニアリでごり押しするしかない。

氷弱点 サラマンダー

難易度は高め。初期地形の雪を火山地帯へ変更する敵が出現し、変化してしまうと敵側にバフがかかるようで火力が異常に高くなる。地形変化で上書きするか、地形変化を行う敵(杖持ち)を即座に倒すと良い。

弱点の氷属性についてだが、味方に氷属性を付与する技はエールイぐらいしかおらず、通常攻撃が氷属性のキャラ(WIKIの戦闘系アビリティ)も複数体用意するには辛い。状態異常が通るので100レベルのクニアリを借りて、スロウ+マナ回収をしながら戦うパーティーの方が準備は容易かもしれない。

弱点無し サハギン

状態異常攻撃も効かないので自信のあるパーティーで挑むか、フレンドさんの強キャラを接待するパーティーでどうにかする。最終ウェーブのボスのHPが異常に高いので、1発の火力が高い技を持つキャラを借りるといい。レジェンドのテレサやヴェルナー、アルドラ、ペイシェ、ビエンタなどの超必殺がおすすめ。自前のキャラは結束持ちやバフ技でまとめておく。

深淵の渦のバグリスの技が一定時間味方を無敵状態にするというものなので、道中の厳しいときやボスと殴り合う際には重宝する。「年代記の力」も固定ダメージを与えられるので惜しみなく使っていくこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました