TEPPEN:10月チャンピオン到達 格安ネルギガンテデッキ

スポンサーリンク

TEPPENのランクマッチエックス(10月)でチャンピオンに到達した格安ネルギガンテデッキを紹介。やることはシンプルだが、かなり忙しいデッキなので要練習。特にアクションカードの切り方。

A5から2時間ほどでチャンピオン到達。不利マッチは、ロケラン探索ジル、貫通春麗、イブキレイレイ型のモリガンとダンテ、空戦デッキ各種。4コスモリガンはまぁまぁ不利ですが、チャンピオン帯の猛者達相手でなければ五分五分でいけます。以下、デッキ詳細とプレイング補足。

スポンサーリンク

格安ネルギガンテデッキ内容

先月Twitter上で見かけたものと同じ形になったかと思う。最初は《アンジャナフ》か《クルルヤック》2枚入りを試していたが、盤面が埋まってると能動的にバフカードを探索できないため《多勢に無勢》になった。2枚入れると事故が増えたので《下僕の使役》に。

デッキコードとQRコード

dyWWWfNv0yWWWjQht8g7XyJwRwJnFaFLWX4W4PcE7WWxLYZC0aXWG9hi7WW8jYHLRwgnsvILWXy5g8bLWX4Wn92q7WJ0Lnb2ntWWI9GyWvILWWpzMWgW7WWtLnb2GwW

基本的なプレイングについて

《クロウ》や《アイルー》をバフして攻めれるのが最適な動き。《蘇る憎悪》の2コスでMP3のユニットを出せるので効率も良く、盤面を常に埋め続けて相手に対処を押し付ける形が理想。

敵の《春麗》や《イビルジョー》も、《蘇る憎悪》か《ゾンビ》で対処すると結果的には相手より効率的にMPを使えるので巻き返せる。が、初手《リオレウス》、《クシャルダオラ》に対する回答が乏しいので辛い。中盤以降であればヒーローアーツで始末できる。

ヒーローアーツの棘とばしは、適当に撃つのではなく盤面で対処できそうなら撃たない。ダメージ割り振りの運要素も極力減らしたいため、ユニットの相打ちなどを待ってから使うなどシビアに扱うこと。

各ヒーローに対する立ち回り

マッチングした相手についての各ヒーローの立ち回りを以下に補足。ミラーマッチは3コストのユニットがサイズ負けするので不利。イブキやレイレイの入った形のデッキも不利よりの不利なので割愛。

リュウ

波動拳とは五分、練気リュウはやや不利か。リオレウスとレジェンドリュウに注意しながら盤面に並べて押し込むのみ。特に《アイルー》がめっちゃ仕事するのでなるべく生かす。負け筋としては、《アグナコトル》の連打とライフ回復が途中で出来ない場合。盤面を埋めていても、アグナコトルの1体に3点と、アグナとの相打ちで2か所どけられてしまうと瓦解する。

逆鱗リオレウス

五分五分。ユニットが相打ちするようにうまく展開する。逆鱗は《クロウ》と《三角飛び》か、ヒーローアーツでうまくいなす。先にライフを押し込まれると犠牲のせいでユニットが置けなくなるのが負け筋。序盤から《即時攻撃》をガンガン使われるのが一番まずいが、大抵のプレイヤーは出し惜しんでくれる。

ロックマン&春麗

相手はHPを上昇するバフが多いので、こちらもバフカードの使いどころは要注意。盤面を処理しきるのは難しいため、どこか一ヶ所に集中してダメージを通し続けるイメージが必要。相手ユニットをどかせそうな場所を攻めていく。初手《クシャルダオラ》と《帰天の儀式》で相手が空を飛んで来たらお手上げ。

4コスモリガン

本来は不利だと思うが、相当な使い手でない限り勝ち越せることが多い。ただし、注意することは非常に多いので気を使う。特に以下3点は常に念頭に置くこと。

  1. 中央の《ティガレックス》攻め
  2. シャドウブレイドは空戦に6点ダメージ
  3. 棘で4コストユニットを即刻除去

負け筋は犠牲ユニットをひたすらEXポケットに戻され続けた時で、《フォーアイズ》でパクられた方がまだマシ。《ティガレックス》は《ネロアンジェロ》の3/5や、バフありのユニットで受けないととんでもないMP量を持ってかれるので、焦らず対処できる覚悟を。

ウェスカー

《抹殺》や《サンプル収集》などの重たい除去を3コスに打つのはコスパが最悪だと思うので基本有利。選別ウェスカー相手は、後半にもつれ込む前に押し切れるが、攻撃力1の《アイルー》がタイラントで取られてしまわないように注意。6コスタイラントとはバフとシールドで十分に殴り合える。

ウロボロス相手だと《G成体》で時間を稼がれたあとのリスクが選別より危険で。というのも除去カードが全くないため《イビルジョー》本体をさばけず。《死と生の歪み》を打たれると3コスユニットでは到底持ちこたえられない。まぁ歪みの方は他のデッキでも辛いので、切り替えが大事。

ジル

ロケットランチャーはシールドで防げるものの、試合終わる前に3発以上飛んでくる上に犠牲でライフ支払ってるので辛い。辛すぎる。抗体活性の方であれば、シールド割れたところに棘を打ってれば大抵は押し通せる。ナッシュやセルレギオスなどの連撃中心のジルデッキだとやや不利が付くと思われる。が、いずれにせよジル自体の数は少ないのであまり気にならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました